大阪AGA治療ガイド >夏の薄毛対策

夏の薄毛対策

日差しが強く、気温が高くなる夏、薄毛を気にする人は夏には夏の薄毛対策が必要になります。夏に注意したい薄毛対策とはいったいどのようなものなのでしょうか?

しっかりとした紫外線対策を!

夏イメージ1

強い紫外線や汗、抜け毛の敵が沢山います。
照りつける太陽は、いかにも夏らしい雰囲気を受けますが、薄毛の人にとっては非常にマズイんです。 髪は紫外線から頭皮を守る役割を持っていますが、薄毛の人はその保護機能が弱くなっている為、頭皮に多くの紫外線を浴びることになります。 紫外線は地肌を弱らせ、髪が抜けやすい状態にします。 また、髪自体にも良くない影響をあたえます。紫外線を多く浴びた髪はキューティクルを失い切れやすくなってしまうのです。 外出する時は出来るだけ帽子をかぶるなど、紫外線対策をしましょう。

意外にも夏は室内にも抜け毛の原因が!

夏イメージ2

真夏にの暑い日などの日中や寝苦しい夜などは、どうしても冷房をつけてしまいたいものですが、冷房は頭皮の乾燥を促します。
さらに室内温度が下がりすぎると血行が悪くなり髪に栄養がいきわたらなくなります。
いくら暑くても、温度は下げすぎないようにしましょう。

夏バテしない健康管理をしよう

夏イメージ3

夏バテしてしまうと食欲も減ってしまいます。しかしお昼はさっぱりした素麺だけでは、栄養が偏ってしまいます。
夏バテ防止にはこまめな水分補給と、疲労回復に役立つ豚肉や、納豆など、ビタミンB1を含む食品を多くとりましょう。
発毛にも必要な成分ですので一石二鳥です。
また、食欲がない場合でも、食べないのではなく、さっぱりと食べられるお酢を使ったり、食欲を刺激する香辛料を使うなどの工夫をすると良いでしょう。

脇坂クリニック大阪

関西地区で最多の臨床数の
頭髪治療専門病院