大阪AGA治療ガイド > シャンプーの違いと種類

シャンプーの違いと種類

シャンプーにも種類があるのは知っていますか?普段使われているシャンプーの他にも、
育毛シャンプーと呼ばれるものたちにも頭皮の状態によって様々な種類があります。

シャンプーの種類は様々

シャンプー

まずは3種類のシャンプーをご紹介します。

石鹸シャンプー

石鹸シャンプーの特徴は、洗い上がりがサッパリするので、皮脂の汚れが気になる方にオススメのシャンプーと言えます。自然界に流しても無害だと言われているので、環境にも優しいことも挙げられます。
しかし、石鹸シャンプーは洗い上がりの髪がきしむと感じる人が多く、好みが分かれやすいのも特徴です。
これは、今までのシャンプーで髪に付着したシリコンを落とした為なのですが、なれるまでに時間がかかるようです。

高級アルコール系シャンプー

高級と名前には入っていますが、アルコールシャンプーとは、スーパーやドラッグストアで販売されている、詰め替え用などで、手軽に買える商品です。

アルコールシャンプーの特徴はあわ立ちがよく、洗浄力も高いのが特徴です。

安くて洗浄力が高いなんて嬉しい限りかもしれませんが、逆に、洗浄力が高すぎるために地肌を痛めてしまったり、皮脂を洗いすぎてしまったりしてしまいます。

アミノ酸系シャンプー

人の肌と同じ弱酸性のアミノ酸が成分のシャンプーなので、肌に優しいのが特徴です、更に、シリコンが使われていなくても指通りがよく洗った後もしっとりしている洗い上がりなのも、アミノ酸系シャンプーの特徴です。
また、毛穴の詰まりの原因となる、シリコンが配合されていないので多くの育毛シャンプーがこのアミノ酸系シャンプーに分類されます。

しかし、アミノ酸系シャンプーは他のシャンプーに比べ洗浄力が弱く、ワックスや他の整髪料、頭皮が脂っぽい人などは一度のシャンプーでは十分に汚れが落とせない事もあります。

大きく分けるとこの3種類ですが、最近ではこんな種類も出てきています。

天然由来成分シャンプー

最近のシャンプーには「天然成分配合」や「天然由来成分配合」などという表示をよく目にする機会も増えてきました。
これは、海草であったり、蜂蜜であったりと、普段口にするものであったり、天然のハーブを主原料にして作られていて、肌や自然に優しそうなイメージですが、抽出方法や製法によって変わってきます。
肌への刺激が少ないように作られてはいますが、「自然」や「天然」とつくからといって妄信せず、成分表示や使い心地で選ぶようにしましょう。

オーガニックシャンプー

植物由来で無農薬、有機栽培で育てられたものが原料として使用されています。 石油などを原料にしていなく弱酸性なので、環境にも肌にも優しいと言えそうですが。
人工的なものを使っていないので、ハーブなどの独特な香りが苦手な人も、洗浄力も弱めなので、洗いあがりに物足りなさを感じる場合も、 更にはハーブの成分でかぶれてしまう方もいらっしゃりますのでご注意を。

ノンシリコンシャンプー

最近よく聞くノンシリコン、これは従来シリコンは髪をコーティングし、手触りや指通りを滑らかにする為に配合されていましたが、シリコンにはダメージ補修や栄養補給の成分がないためヘアケアが大変でした。
しかも毛穴トラブルの原因にもなり、髪や頭皮に浸透してしまうと育毛を妨げる結果になっていました、 そこで、このシリコンを配合していないノンシリコンシャンプーが注目され始めました。

スカルプシャンプーにも違いがあるのを知っていますか?

スカルプシャンプー

薄毛の人でも頭皮のパターンは違います。オイリーな頭皮の人もいれば、乾燥肌の人もいます、頭皮が乾燥肌なのにオイリー肌系スカルプシャンプーを使った場合、皮脂を落としすぎてしまう結果になってしまうので、逆に抜け毛の原因になってしまいます。
ご自身の頭皮の状態をよく確認した上で、正しいシャンプー選びをしましょう。


脇坂クリニック大阪

関西地区で最多の臨床数の
頭髪治療専門病院