大阪AGA治療ガイド > 薄毛治療の歴史

薄毛治療の歴史

日本の成人男性の1/3がAGAだといわれている現代、人類はいったい、いつからこの薄毛と戦ってきたのでしょうか?歴史を少し紐解いてみましょう。

世界で最古の薄毛治療は

エジプト

世界で最も古い薄毛治療の歴史は今から5000年前、当時薄毛に悩んでいたチャタ王は当時効果があると言われていた、犬の掌、やしの実、ロバの肉などは薄毛に効果があると言われていて、薬として与えられていたと記録に残っています。
紀元前1500年ごろの古代エジプトで書かれた、世界最古の医学書「エーベルスパピルス」にすでに薄毛を治す治療方法が記されている。その治療方法はライオン、カバ、ワニ、猫、蛇、ヤギこれ等の脂を全て混ぜ合わせて薄毛の頭に刷り込むと良いといわれていた。
3500年も前から薄毛治療があったなんて!時代は変われど人の悩みは変わらないようです。そして紀元前400年頃には「医学の父」と呼ばれるヒポクラテスが今まで呪いなどの類ではなく病気として原因や治療を探し、「宦官に痛風とハゲがいない」と現代のAGAや薄毛の原因に最も近づいた人でもありました。

しかし、薄毛治療としての歴史はココでとまり、薄毛に対してはカツラの時代がやってきます。

歴史イメージ2

古代エジプトから装飾品にカツラが一緒に埋葬されていたり、かのジュリアス・シーザーも薄毛に悩み月桂樹の冠を常に着用してもよいという法律ができ、少しでもハゲが隠せる事を喜んだといいます。
他にもルイ13世がハゲを気にした結果かつらをかぶるのが正装となった時代背景もあります。

植毛の元祖はなんと日本人

男性イメージ

1939年に皮膚科医氏である奥田庄二医師が自身の毛髪を、頭皮を含めて他の箇所へ移植する「パンチ・グラフト植毛」という手法を発表しました。
この概念は当時の常識を覆すような発表で自毛植毛の技術進歩に大きく貢献しました。
しかし、この手法が発表された後、第二次世界大戦中に奥田医師が亡くなってしまい、歴史の中に埋もれてしまいます。
そして、1960年代に入りアメリカのノーマン・オレントライヒ医師が「パンチ・グラフト法」を確立し1990年代初頭まではこの手法が主流となりました。

脇坂クリニック大阪

関西地区で最多の臨床数の
頭髪治療専門病院